3度目の3.11

3度目の3月11日を迎えました。

 

何か書こうと思いました。

 

でも、頭の中がぐじゃぐじゃでまとまらず、書けませんでした。

 

 

3年前、ぼくの故郷は一度死にました。

 

言い過ぎかもしれませんが、ぼくを含めた多くの人の実感です。

 

3月12日。

 

生き残るための戦いが始まりました。

 

そして、今。

 

生き続けるための戦いが続いています。

 

 

現在の陸前高田市。

 

復興率3%

 

約5000人(市民の4人に一人)が仮設住宅。

 

復興住宅入居見込みまであと3年。

 

震災後に小学校に入学した児童は、一度も校庭でおもいきり遊ぶことなく卒業しそうです。

 

おそらく見込みはさらに遅れることと思われます。

 

東京オリンピックの開催決定で、大手の建設業者が被災地からの撤退を決めました。

 

人も資材も決定的に不足するのは明白です。

 

 

そんな中、遠く離れた東京で、ぼくらのような小さな小さな力で何ができるのか。

 

日々考えながら、できることをやっていきたいと思います。

 

応援していただいている皆様、今後とも陸前高田市をよろしくお願いいたします。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。